弁護士費用特約の有無

 

交通事故の弁護士費用は,「弁護士費用特約」があるかないかで異なってきます。

 

まずは,ご加入の任意保険会社に「弁護士費用特約」の有無をご確認ください。

 

弁護士費用特約がある場合

 

弁護士費用特約がある場合には,保険会社が認めている弁護士報酬基準である日本弁護士連合会の旧報酬規程ないし,日弁連LACの規定にしたがって,弁護士業務を行います。

 

重大事故の場合でも,弁護士費用特約の保険金枠に収まるように調整させて頂きますので,依頼者様に経済的負担が生じることはありません。

弁護士費用特約がない場合

 

弁護士費用特約がない場合には,着手金を無料とし(実費を),報酬金で最低報酬額10万円と,受領した賠償金の10%とさせて頂いています。

 

着手金は無料なのですが,報酬金部分で必ず最低10万円がかかりますから,弁護士を依頼した場合にも,最終的に依頼者様に経済的な利益が生じる見込みが高いか否かを,法律相談時に十分に検討させて頂いております。