横濱元町の名店「霧笛楼」に行ってきたのでその感想

 

相模原の弁護士の多湖です。

先日,横浜の元町にある「霧笛楼」さんに行ってきましたのでそのご紹介です。

 

「横浜」ではなく「横濱」

 

街を歩いていると,横濱がつくお店って結構見かけますが,

「濱」って旧字体なんですね。

 

なんとなく,子供のころから,開港の歴史(和と洋の融合)重視のお店に「濱」が付いているイメージがありましたが,そのイメージは間違っていなかったようです。

 

霧笛楼さんもそんな「濱」のイメージ通りです。

 

以下,ホームページのコンセプト抜粋。

横濱元町の裏路地に在するは、

一軒の白亜の洋館。

仏蘭西料亭の名にふさわしい洋館の佇まい、開港後に賑わった港崎町遊郭の料亭「岩亀楼(がんきろう)」をイメージし、

内装や調度品・器に至るまで、異国情緒あふれる古き良き横浜の世界観を再現

 

横浜が作り上げてきた文化-

西洋と日本のおもてなしの精神をブレンドした「和魂洋才」をメインコンセプト

 

http://www.mutekiro.com/home/concept/

 

 

 

霧笛楼さんは,半地下がフローリング+ステンドグラス的な内装のレストラン,上の階が和室でテーブルのフレンチになっています。

 

温故知新コースをオーダー。

 

黒い卵のようなものは,

横濱・金沢漁港産「昆布とふきのフラン(海と畑の茎ソース)」です。

 

オマール海老のタルタル わさび菜のブランマンジェと白・緑アスパラガスのブルーテ

海藻と胡瓜のジュレ 炭火の香り

北海道産・ツブ貝の小さなパイ包焼 ブルギニョン風

乾燥とフレッシュ2種トマトの風味

薩摩芋のブランダード風と緑豆類の軽いスープ

プティカップにて

千葉県産・ほうぼうの蒸し煮 甲殻類のソース

春のかぶのコンフィと赤カブのエチュベ サフラン風味 

山形県産・うるいのソテー 粒マスタード風味

国産牛・フィレ肉のステーキ

緑胡椒風味のマデラ酒ソース 佐藤農園さんのしんじゃがのオーブン焼きとLED横浜菜園サラダ添え

 

テーマ通り,和(横浜)の食材とフレンチの融合という感じで美味しかったです。

フレンチでわさび菜や昆布は初めて食べたかな。

 

まあ食べログ先生で3.9ですから美味しいのは当然でしょうか。

 

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14001146/

 

昔,カフェの方には行ったことがありましたが,15年越しにやっとレストランの方へも行くことが出来ました。

 

霧笛楼はデパートでお菓子も販売していますが,県外の方に大変喜ばれるので,利用してみてください。